そこに風俗があったから

避けたいのは安物買いの銭失い

進学のために都心へ出て以来、7年間に住んでいます。サラリーマンですから、1円たりとも不必要なお金は使いたくないのですが、自然と湧いてくる性欲だけは仕方ありませんので、デリヘルの女の子たちに任せています。デリヘルは安心感から、高級デリヘルを使うようにしています。私のように“1円たりとも”と考えている男が、割高な高級デリヘルを使うには、理由があります。“安ければ安いほどいい。”と、思っている方が多いようですが、実際にはそうではありません。質が全く同じもの同士なら、確かに1円でも安い方を選びますが、そうでないなら質も、しっかりと見極めようとします。“安物買いの銭失い”ということわざも知っています。だから僕は、風俗には高級デリヘルを選ぶのです。高級デリヘルにも、価格が高いだけのお店も、なきにしもあらずです。しかし僕がいつも使う有名店は、“本物”であることを自ら掲げ、事実その質は通常のお店を超えることが、手に取るように分かります。